株式会社ユニカ

身体と心の健康を保つサポートを

はじめまして。株式会社ユニカの代表取締役 丸山純輝(よしてる)と申します。
何かのご縁で弊社のホームページをご覧いただきましたので、ご挨拶として私の想いを伝えたいと思います。
医者である父をもつ私は、幼いころから「健康と電磁波の関係」に興味を持っていました。
それは父は、多くの患者さんを診察し「携帯やパソコン、家電が普及する前にはこんな不調を訴える人はいなかった」「薬を飲んで治療する前に、 そうならないよう自分の健康や生活のために前もって対策できることがあるのでは」と常々口にしていたからです。
そんな中、10年以上も腰痛や頭痛がひどく、時には肩をかさないと歩くことができないほどの母をみて、何か対策できることはないのかと、よく父と話し合いました。
病院に行って薬を飲んだりしても、一時は良くなるものの、一時にすぎません。よくよく観察していると、症状は寝室にいるときが一番ひどく起こっていることに気づきました。これは寝室に原因があると思い、寝室で悪影響になる可能性がある部分について調べてみました。
その中の一つが『電磁波』です。寝床のすぐ横に強く電磁波を発している機器があったので、不便を覚悟でブレーカーを落として過ごすなどの電磁波対策を講じてみたところ、10年以上も悩まされ続けていた頭痛やだるさを訴えなくなったのです。
時代の流れとともに電子機器が増え便利なものが増えました。その代わりに、目には見えない電磁波ともうまくつきあっていかなければならないのだと、このときに確信したのです。

このようなことをきっかけに「電磁波」や「健康のための対策」の研究をはじめ、電磁波対策の他、人体の70%を占めるといわれている水、暮らしの中の空間(空気)・環境、健康を守るため対策に関する情報を発信するため、会社を設立しました。

私たちの目的は、みなさんの体と心の健康を保つサポートをし、楽しい生活を送れるようなご提案をしていくことです。
ユニカに出会ってくれたすべての人の健康と幸せを願って――