株式会社ユニカ
BLACK EYE
この製品は『生体電流の乱れを引き起こす有害電磁波を取り除く』というコンセプトのもと、前身の「無限コイル」として2003年より研究・開発をしておりました。
2009年に雑誌で掲載され、大反響をうけたのをきっかけに更なる進化を追求し2011年9月に医療機器を取得しました。
ブラックアイに使用されているコイルは、銅線を使い、高密度で特殊な巻き方をしています。(特許取得)
この巻き方は電流とその周囲にできる磁場の関係を発見した19世紀フランスの物理学者アンペールが考案した巻き方をヒントにしたもので、外界の磁気ノイズを打消し、生体電流の流れをスムーズにする働きがあります。
また、体に貼るだけではなく、コンセントに貼ることで空気中のマイナスイオンが増加することも検査データにより明らかになっています。